バイクのまとめ

ホンダ、ヤマハなど国産オートバイの名車について。バイクの購入・売却・維持に関する情報をまとめているサイトです。

バイクのブログ ホンダ

ホンダ_ゴリラはモンキーの兄弟車

70年代から2018年の現在まで連綿と受け継がてきたホンダのレジャーバイク路線を担うのは、もちろんモンキーなのだ。

 

モンキー人気はいまだに衰えることなく、ライバルメーカーがレジャーバイクから撤退した今ではまさにモンキーの独壇場。

いまでこそホンダのレジャーバイクはモンキーしかないのだが、ちょっと前までは兄弟車が存在していたのだ。

 

モンキーとほぼ同じスペックながらガソリンタンクを大型化して長距離ツーリングに特化したのがゴリラ。

ゴリラのガソリンタンク容量は9L。

ほぼ、モンキーの2倍の大きさのガソリンタンク容量。

 

ノーマルモンキーで、時速40kmで走行した時の燃費は約50km/L
なので、満タンでの航続距離は200km以上になる。

ゴリラなら9Lもあるので約400kmもの航続距離になる。

早朝から夜遅くまでツーリングしても全然大丈夫なタンク容量には驚きだ。

50ccで400km以上のロングツーリングは、体力的にかなりつらいと俺は思う。

 

一見するとガソリンタンク以外はモンキーと同じように見えるがシートはゴリラのほうが長くなっていてツーリング向けになっている。

ツーリング向けに車体の前後にはキャリアがあって荷物も意外に多く積めてしまう。

 

モンキーのハンドルは折りたためるがゴリラではその機能はない。

モンキーが車に積載することを前提に開発されたが、ゴリラは車に積載することは考慮されず自ら目的地までツーリングするバイクで開発されたらしい。

 

1978年に登場したゴリラは、1990年に一旦モデル終了。

しかし、人気があったことから8年後の1998年には販売復活!

2007年の排ガス規制法をクリアすることなく、モデル消滅となってしまったのは残念なことだ。

-バイクのブログ, ホンダ

Copyright© バイクのまとめ , 2019 All Rights Reserved.