バイクのまとめ

ホンダ、ヤマハなど国産オートバイの名車について。バイクの購入・売却・維持に関する情報をまとめているサイトです。

バイクのブログ ヤマハ

ヤマハ SDRは2スト魂の珠玉の一台

創業時から2ストエンジンを作り続けていたヤマハ。

ほかのメーカーには見られないほど2ストエンジンに対するこだわりが強く感じられる。

 

そんな、2スト魂の珠玉の一台が1986年登場したSDRなのだ。

搭載エンジンは、水冷2スト単気筒200cc。

 

エンジンは、オフロードのDT200ものを拝借して、コブラの様にくねったまるでサードパーティのようなチャンバー風のマフラーはもちろん1本だし。

 

しかし、このマフラー社外品でなくって純正なので驚いてしまう。

フレームは、独特なトラストフレーム。

ちょっとこのフレームすごくないスカ?

 

シートもこだわりの1人乗り!

タンデムステップもないので完全に一人乗り使用の拘りなのだ。

 

リヤシートカウル内には、バッテリーと2ストオイルのタンクが備わっている。

このテールカウルの形状では、後ろに荷物が積めないのだが、SDR乗りならそんな荷物なんて無粋なものは積んだりしないのだろう。

 

乾燥重量は、驚きの105kg。

2スト単気筒エンジンなので車体幅はかなりスリムになっている。

一見すると125ccに見えなくもないので高速道路の料金場で止められることもシバシバあったとか、、。

 

メーカー純正ハンドルなのに異様に低くセットされたハンドルはまさにセパハン!

軽い車重とピーキーでパワフルな2ストエンジンの最高出力は34PS。

初代RZよりも1PS少ないだけで車重は何十キロも軽量に仕上がっている。

かなり過激な走りをしていたのではないかと推測される。

レーサーレプリカのフルカウル全盛期にあえてヤマハが世に出したネイキッドモデルのSDR。

 

最後にSDRのカタログのセリフが泣かせてくれる。

 

「世の中に不必要なものが多すぎる。だから、いちど原点に帰ってみよう。

SDRの出発点はここにありました。日本のモーターサイクルは、また新しいシーンへ。」

(SDRカタログより引用)

-バイクのブログ, ヤマハ

Copyright© バイクのまとめ , 2019 All Rights Reserved.