バイクのまとめ

ホンダ、ヤマハなど国産オートバイの名車について。バイクの購入・売却・維持に関する情報をまとめているサイトです。

ホンダの名車

【スーパーカブ】世界一の耐久性を誇るはたらくバイク

スーパーカブは日本を代表する商用目的のためのオートバイです。

このモデルはホンダがオートバイを作るきっかけになったもので、当初は自転車の後輪に小さなエンジンを付けただけのものでしたが、それが1958年に入ってからいちから商用目的の原動機付自転車を作ることになり、それによって生まれたのがこのスーパーカブでした。

スーパーカブの特徴はスイングアーク式のフロントサスペンションに大きなレッグシールドやカバー、遠心クラッチ式のロータリー式ミッションに、変速しやすいように付けられた特殊なシフトペダル、大きく頑丈な荷台といったところでまさに究極の仕事のための原動機付自転車といっていいでしょう。

エンジンは当初から50cc4ストローク単気筒エンジンで、派生モデルとして年代によって90ccや110ccなどのエンジンを搭載する小型モデルも発売されています。

一時期、原動機付自転車といえば2ストロークエンジンというのが当たり前の時代があった中でも4ストロークエンジンをかたくなに使い続けており、当時としては珍しいタイプの原動機付自転車だったわけですが、瞬発力に関しては2ストロークには劣りますが、回転に伸びのある4ストロークエンジンの特徴を好む人もいて、パーソナルユースとしてもこのスーパーカブを購入する方も多く、中に郵便局払い下げの「赤カブ」を購入するという一つの趣向性を持つ方もいたぐらいです。

発売から既に50年以上が立ちますが、途中小さな変更点はあったものの、基本的な部分を一切変えずに作り続けられている原動機付自転車はこのスーパーカブしか存在していません。

-ホンダの名車

Copyright© バイクのまとめ , 2019 All Rights Reserved.